家族の安全を脅かす虫|攻撃的なキイロスズメバチの駆除

女王蜂が弱る時期

外観

キイロスズメバチを始めとする蜂は、とても原始的な姿をした蜂と進化した蜂の2種類に分けることができます。ですが猛毒を持っている蜂は進化した蜂です。キイロスズメバチも進化した蜂の仲間です。そのため、スズメバチ駆除業者が駆除を行うのは、進化した蜂です。進化した蜂は腰のクビレが細いことが特徴です。腰のクビレが細い蜂を見かけたら避難した方が賢明です。

キイロスズメバチの様に進化した蜂はとても攻撃的な性格です。夏が一番凶暴になる時期です。しかし逆に冬を越すことはできません。キイロスズメバチで冬を越せるのは、女王蜂だけです。女王蜂以外は働き蜂といいます。この働き蜂は秋を終えて冬になる頃にはみんな死んでしまします。そのため、冬を越すことができないのです。一方、キイロスズメバチの女王蜂は冬になると冬眠します。巣の中で大人しく眠っています。そして冬眠から目覚めたキイロスズメバチの女王蜂は、とても弱っています。そのため、この時期は人間を刺すことをしません。ですからこの時期がキイロスズメバチを駆除するチャンスでもあります。この時期の弱っている女王蜂を駆除出来れば、働き蜂しか残りません。働き蜂は冬を越せずに死んでいくので、冬が駆除のチャンスなのです。しかし、夏にキイロスズメバチを駆除する場合はとても凶暴です。些細なことで興奮して攻撃をしてきます。そのため、夏にキイロスズメバチを駆除する時は、スズメバチの駆除をする業者に依頼しましょう。