家族の安全を脅かす虫|攻撃的なキイロスズメバチの駆除

繁殖期が危険

室内

蜂には集団で生活をしています。それはキイロスズメバチも同じです。多くのハチが一つの巣で集団生活しています。しかし、単独で生活をする蜂もいます。クマバチやヒメバチ、コバチなどは単独で生活をする蜂です。単独で生活を行なう蜂はあまり被害に遭いません。しかし、キイロスズメバチのように集団生活をしている蜂は、天敵が巣に近づくと攻撃をしてきます。自分の巣を守ろうとしているのです。そのため、人間に被害が出るのです。特に危険なのが繁殖期です。繁殖期になると、ハチの巣も大きくなります。それだけでなくより攻撃的になっています。ですから、繁殖期のハチには近づかないようにしましょう。
キイロスズメバチの繁殖期は夏です。そのため毎年夏になるとキイロスズメバチに刺される被害が発生しており、更に夏は巣も大きくなるため、駆除の依頼がとても多くなる時期です。スズメバチの巣を駆除する業者は、夏になるととても忙しくなります。
キイロスズメバチは全てのハチの中で最も凶暴です。巣に人間が近づくと、巣から出てきて人間の周りを飛び回るでしょう。これは警戒している証拠です。それでも逃げない場合は、キイロスズメバチは「カチッカチッ」と音を出します。この音は攻撃するサインなので、すぐに避難しましょう。そのため、巣を発見したら自分で駆除せずに業者に依頼して駆除してもらいましょう。駆除を行なってくれる専門業者は様々なエリアで対応してくれるので、住まいから近い業者に依頼すると良いです。また、24時間年中無休営業しているところもあるので、いつでも気軽に連絡することが可能です。